オフィス

グループウェアの導入によるメリット|企業情報の効率的な管理方法

画期的な連絡ツール

ネットワーク

電子メールを使用して社内連絡を取っている企業というのは、数多く存在するでしょう。電子メールであれば離れた相手とも容易に連絡を取ることが可能ですが、その使用には幾つかのデメリットが存在します。電子メールにおけるデメリットというのは、入力する文字数の多さと返信待ちに掛かる時間です。電子メールで文章を送信する際には、挨拶文や定型文を入力し、本題に入るのがビジネスマナーです。しかし、それらを打つには少しばかりの時間が必要となります。返信待ちの時間についても、メッセージの送り先の相手がそのメッセージをちゃんと見ているのか、いつ返信するのかを把握することはできません。それらのタイムロスは、一日の内で1時間半から2時間発生していると言われています。グループウェアと導入することで、そのタイムロスをカットすることが可能です。
グループウェアというのは、企業向けに改良されたチャットシステムです。チャット形式の連絡というのは会話に近く、リアルタイム性のあるコミュニケーションを実現しています。企業において、役職を超えた連絡には向いていませんが、従業員同士や部門内、部門間におけるコミュニケーションの円滑化を図ることができるでしょう。また、グループウェアに備え付けられている通知機能によってより確実に送信先の相手にメッセージを見てもらうことができます。既読機能のついたグループウェアであれば、相手がメッセージを確認したかどうかを把握することもできるでしょう。

業務効率の大幅向上

パソコンを操作する人

電気CADを導入することで、電気申請図面の作図効率を大幅に向上させることが可能です。また、電気CADと積算ソフトを統合したパッケージを選択した際には、見積書作成も簡略化することができるでしょう。

Read

二つの導入形式

背広のレディ

オンプレミス型とクラウド型、近年ではシステムの導入時、この二つの導入形式から好きなものを選べるようになりました。勤怠管理システムを導入する際には、クラウド型の導入形式の製品がお勧めです。

Read

基幹業務の統合

IT

企業における基幹業務というのは、その業務内容に適した基幹システムによって処理・管理されてきました。ERPパッケージでは全ての基幹システムが統合されており、企業内において発生する全ての情報を一元管理することが可能です。

Read