男の人

グループウェアの導入によるメリット|企業情報の効率的な管理方法

二つの導入形式

背広のレディ

勤怠管理システムというのは、企業の人事管理において必要不可欠なシステムです。勤怠管理というのは従業員の出勤と退勤の管理のことで、そこで管理されている情報を基に給与や残業代の計算が行われています。一般的な勤怠管理システムというのは、オンプレミス型と呼ばれる導入形式のものでパソコンの内部ストレージにプログラムをインストールする必要がありました。その導入には手間が掛かり、コストも高額なものとなります。場合によって企業内にサーバーを設置する必要があるため、ITに関する専門的な知識も必要になってくるのです。また、サーバーを企業内で保守・運用した際には莫大なコストが掛かります。近年では、オンプレミス型の勤怠管理システムの他に、クラウド型の勤怠管理システムも登場しました。
クラウド型の勤怠システムというのは、インターネットを介して利用することのできる勤怠管理システムのことで、パソコンの内部ストレージにプログラムをインストールしなくても利用することが可能です。また、導入時に手間やコストが掛からないというのもクラウド型勤怠管理システムの大きなメリットでしょう。企業内にサーバーを設置する必要もないため、ITに関する専門知識がない場合であっても気軽に導入することが可能です。メリットの多いクラウド型にもデメリットが存在し、その一つとしてセキュリティへの不安が挙げられます。インターネットを介したシステムなので、セキュリティに対する不安は付いて回るでしょう。しかし、セキュリティ性の高いクラウド型勤怠管理システムを選択することができれば、その不安を解消することができるはずです。